OTIS

[岡山県真庭市/エレクトロニクスパーツメーカー]
ここから世界の最先端へ
  採用情報  [スタッフインタビュー] 桑木 貴弘

スタッフインタビュー

現場の要望に応える、自社設備の設計。

今は設備の設計をやっています。オーティスで使う設備で、送りの機械やラミネートをする機械を設計しています。現場での加工で必要なものだったり、作業者からの要望や提案に対して実現していくための設計を行います。主に自社で使う設備なので、今までに実際につくった機械を流用したりだとか、それを一部変更など臨機応変に対応できます。自分でつくった図面がそのままカタチになるので、面白い仕事ですね。

入社後の第一印象、「みんな仲がいいなぁ」。

私は、中途採用なので、もともと岡山県外の会社で働いていましたが、オーティスに入社して感じた第一印象は、「みんな仲がいいなぁ」ということでした。アットホームと言いますか。もちろん仕事内容の会話をしているんですけど、距離間が良い意味で近いと最初感じました。年齢層も分け隔てなくといった感じでした。休日はサッカーをしたり、草野球チームもありますし。

フォローをしながら、任せてもらえる環境。

設計にしても、もちろんフォローをしながら、任せてやらせてもらえているので、自分の成長につながると思います。そしてやっぱりオーティスは、自社で使う装置自体をつくっているというのは強味だと思います。仕様も細かく対応できますし、直ちにつくり替えたりできるので、それはかなり大きいところではないかと思います。今まで見てきた会社でもそういった会社はあまりなかったので。

新卒学生向け採用情報

マイナビ2019