OTIS

[岡山県真庭市/エレクトロニクスパーツメーカー]
ここから世界の最先端へ
  採用情報  [スタッフインタビュー] 佐藤 江津子

スタッフインタビュー

新しいことにチャレンジし、
可能性を広げていく部署。

技術部 開発グループに所属しています。オーティスの中でも新しいことにチャレンジしている部署です。例えば、金型の仕様を変えてみたり、材料も今までに打ち抜いたことのない新しい材料を取り入れて、試作・検証を行いデータを蓄積していきます。今までやっていなかったことにチャレンジするのは大変ですけど(笑)。試作していてもちろん失敗する時もあるのですが、うまくいった時やお客さんの評価が良かったと聞いたときは、すごく嬉しいですし、次のやる気にもつながります。それを考えるとやめられないですね(笑)。

オーティスのオフィスには部署間の仕切りがない。
それはコミュニケーションにも仕切りがないこと。

オーティスに入社してみて感じたことは部署間の壁がないと言うことです。実際に事務所は壁で仕切られていないワンフロアにどの部署もいるんですよ。なので、他部署への相談もしやすいと思います。本当にいつも上司の方や、周りの方々、他部署の方々に助けられて今があります。同期とも仲が良くて、入社して5年経った今でも数カ月に一回は、同期会ということで飲み会を開いたりしています。よく同期の家に行ってたこ焼きパーティーとかしています(笑)。

経験と知識を活かして、
縁の下の力持ちになれたら。

会社のカラーとしてオーティスカラー(青色)があるんですけど、その色がついている機械や設備というのは、オーティスの技術の人たちが設計して開発した機械の印です。もし何かトラブルがあったときも、社内でもすぐ対応できるということがオーティスのスゴイところだと思います。私も経験や、身に着けた知識を活かして縁の下の力持ちになれたら良いなと思っています。私、表立つのは苦手なので(笑)。

新卒学生向け採用情報

マイナビ2019