OTIS
卓越したプレス加工技術で未来を創造する

OTISブログ

抗菌とは?抗菌部材加工のニーズの高まり

おはようございます。
フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社が関わる
市場動向や技術についてのブログを配信します。

 

「抗菌」「抗菌仕様」といった、
例えばエスカレーターの手すりや、まな板等ではお馴染みのワード。
最近では、スーパーのカゴや布製マスクでも見かけるのではないでしょうか?

 

 

抗菌だから安心!?

そもそも抗菌ってなんだろう?

 

実は、

菌を殺すのが「殺菌」

菌を除去するのが「除菌」

そして、菌の増殖を防ぐのが「抗菌」です。

 

菌に作用する強さを表すと、殺菌>除菌>抗菌となります。

 

経済産業省の「抗菌加工製品ガイドライン」によると、「抗菌加工した当該製品の表面における細菌の増殖を抑制すること」を、「抗菌」と定義している。

つまり、「抗菌」と表示されていても、殺菌の効果は期待できない。あくまで「菌の繁殖を抑制、阻害」する効果となります。

 

確かに抗菌グッズの製品紹介をよく見ると

「ウイルスや細菌の増殖を99.9%以上抑制する」と記載されています。

 

しかし、主要な感染経路として接触感染があげられます。
そのひとつとして、ウイルス付着物に手で触れたあとに口や鼻などを触ることで感染するとされています。つまり、ウイルスに触れるリスクを減らすことは重要となります。よって、抗菌により、ウイルスや細菌の増殖や阻害する意味ではリスク低減に貢献します。

 

スマートフォンの表面においてはトイレよりも10倍以上の細菌が存在すると言われています。同様に様々なタッチパネル搭載機器が増えたことによりコロナ禍、タッチパネル向けの抗菌フィルムのニーズが増え、フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社に多くの加工のご相談をいただいております。

抗菌の機能の発現には、有機系抗菌剤(界面活性剤等)無機系抗菌剤(銀等)を素材に練り込んで抗菌効果を得ます。

実は、自動車の部品の多くに抗菌機能を有しています。
細菌は銀などの金属が持つイオンに弱い、また光触媒機能を持つ抗菌剤など、ステアリングやドアトリム等、使われる場所に応じてその特徴を発揮できるよう抗菌効果が設計されています。

 

抗菌作用については、業界が自主的な基準を作り、その基準に合致した抗菌作用を持つものには、

「SEKマーク」(繊維)、「SIAAマーク」(繊維以外)を用いています。

 

これらのマークの取得のためには、抗菌処理を施していない製品と比較して、菌の増殖割合が100分の1以下でなければならない等の規格を満たすことが必要となります。

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社は、広がる抗菌部材として、モバイル機器だけでなく、自動車、ヘルスケア分野、アミューズ関連等、幅広い業界の製品の加工を承っております。

お気軽にご相談ください。

カテゴリ: ヘルスケア
投稿日: 2020年09月15日

page top