OTIS
卓越したプレス加工技術で未来を創造する

OTISブログ

求められる在宅医療・予防医学を支えるもの

おはようございます。

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社が関わる
市場動向や技術についてのブログを配信します。

 

在宅医療市場について、株式会社グローバルインフォメーションより「在宅医療の世界市場 (~2025年)」にて製品別 に透析装置、人工呼吸器、ECG、杖、車椅子、活動モニター、ネブライザー、BPモニター。サービスとして、輸液療法、専門看護、ホスピス等がトピックとしての市場調査レポートがリリースされています。

 

在宅医療市場規模は、
2020年の1819億米ドルから2025年には2747億米ドルの成長が予測されています。

 

高齢化社会や慢性疾患の発症率の上昇等に対して、
医療費の増加による費用対効果の高い医療のニーズの高まりが理由とされてます。

 

そして、コロナの影響により、在宅医療サービス市場では、
フィリップスヘルスケア、キンドレッドヘルスケア、リンデグループ、
日本企業ではA&D等が世界的に急成長しているそうです。

 

 

日本においても、政府が、団塊世代の多くが後期高齢者となる2025年までに
「地域包括ケアシステム」の構築を目指しており、
地域包括システムでは、在宅医療、訪問介護・看護、重度化予防等、日常的な生活支援などに従事する
複数の関連施設が連携し、1人の高齢者に対して包括的なケアサービスの提供が求められております。

中でも複数の関連施設の連携については、医師や看護師、薬剤師、介護士、保険師等の多職種や多事業所においての
情報共有は難しい状態とされており、そこにICTを活用することで連携課題に対処していくとされています。

 

以上のことからも、在宅医療の実現においては、技術革新あってこそなのです。
ICTの活用においては、クラウドサービスの展開において、様々な通信技術が求められ、情報収集や共有、連絡においては、スマートフォンやタブレットの様々な機能を実現するための技術が求められます。これらの技術を確立させるためには、様々な機能性フィルムや金属部品等が多く採用されております。

 

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社は今後、
ニーズではなくウォンツとしてのヘルスケアのテーマに対してより注力しております。

 

在宅医療だけでなく、予防医学としても、スマートフォンをはじめとする情報端末により、ライフスタイルの一環としてデータが収集及び活用され、そこから予防医学がより身近なものとして捉えられるようになり、より精度を求める測定においての個人管理として、衛生面を配慮したディスポーザブルな部材が求められるようになっていく。

 

これらスマートフォンが有する様々な技術確立の為の部材や
ヘルスケアにおけるディスポーザブル部材にフィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社の技術が活きております。

 

部材、製品開発においてフィルムは金属箔等をご検討の際はお気軽にご相談ください。

カテゴリ: ヘルスケア
投稿日: 2021年10月14日

page top