OTIS
卓越したプレス加工技術で未来を創造する

OTISブログ

広がる5Gにおける、ミリ波 とSub-6

おはようございます。

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社が関わる
市場動向や技術についてのブログを配信します。

 

今回は5Gに関した内容です。

 

数年前に鳴り物入りでスマートフォンに登場してきた5G(第5世代移動通信システム)。

今では対応スマートフォンが一般的になってきたものの、
正直なところちょっとピンときませんよね。

 

実際、最新のスマートフォンを使っても今までと大きく変わったところがあまり感じられないですし、
何が違うのか良く分からない、というのが多くの人の正直な感想ではないでしょうか。

 

そもそも5Gってなんなの?と思われている方も多いと思います。

5Gとは [5th Generation]の略で移動通信システムの規格の第5世代という意味です。

1980年代に自動車無線電話で使われた通信システムが第1世代で、
そこからPHS、携帯電話、スマートフォンへ通信端末が進化していく過程で
通信速度や安定性を高めてきた世界標準の通信規格です。

 

 

第1世代(1980年代):移動しながら使う無線式アナログ電話通信

第2世代(1990年代):通信をデジタル化してパケット通信を可能にした(小さなデータの塊に細分化)

第3世代(2000年代):パケット(データ)通信をさらに高速化(音声はアナログのまま)

第4世代(2010年代):データ通信に特化し、さらに高速化(音声もデジタルデータ化して送信)

第5世代(2020年代):「高速大容量」「超低遅延」「多数端末接続」をさらに突き詰めて強化

 

1世代進むごとに規格の内容は飛躍的に進化を遂げているため、それぞれの世代に互換性はなく、
世代が変わるごとに基地局の更新やアンテナの設置が必要となりますので、
大手通信会社が莫大な費用と時間をかけてアップデートが行われてきました。

 

5Gの高速大容量通信は下り最大20ギガ毎秒以上、上り最大10ギガ毎秒以上が達成目標ですので
アプリのダウンロードの速さや動画配信などでその進化を実感出来る事かと思います。

 

 

この通信速度の向上を支える技術に「ミリ波」と「Sub-6」と呼ばれる新しい通信方法が使われています。

 

「ミリ波」 30Ghz前後の帯域。通信速度は速いが障害物に弱く電波が届きにくい(エリアが狭い)

「Sub-6」 6GHz以下の帯域。通信速度は遅いが電波が届きやすい。

 

理論上「ミリ波」は「Sub-6」の16倍高速といわれていますが、通信可能な範囲が狭いので、
現状では都心部の繁華街等に限られている等、完全な普及にはまだ時間が必要です。

実は5G対応とうたう国内で販売しているスマートフォンのほとんどがまだSub-6にしか対応しておらず、
本来の5Gのメリットを感じているユーザーは極わずかしかいないのです。
ちなみにフィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社の東京営業所は5Gエリアで「Sub-6」です。

正直5Gでの速度の実感は…あまり感じません…。

 

そんな5Gの高速通信を実現する為、スマートフォンにはたくさんの最新テクノロジーが詰め込まれています。

波長帯が異なることでのノイズ抑制シート(電磁波シールド)、
高速大容量化による発熱を抑えるための放熱シート、防水機能を高めるシーリング、
鮮やかで高精細なディスプレイに使われる光学フィルム等

様々な部品の加工にフィルム加工、テープ加工のオーティスの技術が欠かせません。

 

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社では情報通信端末など、
精密機器で培われてきた精密技術を元に、量産する上でお客様のニーズに合わせた加工品の提供を、
期待を超える提案と技術で想いを形にします。

 

是非、フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社へご相談ください。

カテゴリ: 情報・モバイル
投稿日: 2022年04月25日

page top