OTIS
卓越したプレス加工技術で未来を創造する
  採用情報  OTISのしごと

OTISのしごと

私たちオーティス株式会社は
フィルム状の素材をプレスマシンで打ち抜き、
貼り合わせる仕事をしています。

皆さんがお持ちのスマートフォン、デジタルカメラ等、精密機器の多くに厚さ数十ミクロン程度の薄いフィルム状の部品がたくさん使われています。
導電、絶縁、断熱、遮光、防水、接着等、様々な機能を持った金属や樹脂製の部品でその部品の多くは機器の内部にあり、実際に使う人はほぼ目にすることのないものですが、その技術が無ければ製品は成り立たない非常に重要なパーツです。

私たちは世界最先端の商品を独自の技術で創造し世界の未来を裏から支える企業なのです。
日本は今、大きな岐路に立たされています。世界のトップクラスだった日本の経済力・技術力は年々競争力をなくし、有名大企業でさえ経営破たんの危機にさらされる今日では従来からの日本的な経営戦略では生き残ることさえ難しくなってきています。

私たちは地方の岡山に本拠地を置きながら、アジアをメインとした「世界」をターゲットとしており、実際に私たちの作る製品の最終的な顧客の半数以上は海外の企業です。
その世界の企業と勝負し、会社が生き抜く為には、会社と社員の両方が変わる事、成長していく事が必要不可欠です。しかし、いざ会社を変えていこうとしてもそう簡単なことではありません。

その為に会社に新しい風を吹き込ませることが出来るフレッシュな人材を探しています。

働く環境

よい「人材」が育つためのよい「環境」を。

私たちオーティスでは、社員ひとりひとりがパフォーマンスを最大限に発揮でき、そして成長のスピードと可能性が最大となるような環境を整えています。めまぐるしく発展していく世界の潮流の最先端に触れるため、Tesla社の電気自動車(EV)を導入したほか、普段社員が働く職場でもコミュニケーションを促進するようなオフィスレイアウトを採用するなど、オーティスの企業マインドが社内いたるところに散りばめられています。

社屋

2005年に事業拡大の為、県営真庭産業団地に新工場建設。
生産工程をワンフロアにまとめた理想通りの工場を実現。

米子自動車道久世インターチェンジが間近にある為、岡山県南や山陰から通う社員も増え、山陽山陰地域全体の雇用の受け皿にもなっています。

TESLA社の電気自動車(EV)導入

世界的な石油価格の高騰、環境問題から
自動車大国・日本でも電気自動車(EV)の
普及が急速に進んでいます。

オーティスでは自動車産業・エネルギー産業への進出への第一歩として電気自動車業界を牽引する革新的なアメリカベンチャー企業Tesla社の『Model X』を社用車として導入いたしました。

■シートに押し付けられるような驚異的な加速力
■周囲の雑音や動作音がまったく気にならない静粛性
■360度すべての状況が画面ひとつで把握できる先進の機能

といった世界の最先端を体感出来る環境が用意されています。

応接室

社内フォトコンテストを開催し、
地元・岡山の絶景を展示しています。
重要な打ち合わせにもできるだけ
リラックスできる環境を用意しています。

会議室

海外拠点との電話・インターネット会議など
日々戦略的な会議が行われる。

営業部

競合・取引相手は日本だけでなく世界の一流企業たち。
営業部メンバーは日々、お客様の要望に応える為、
そしてオーティスの技術力を世界にアピールする為
日本中・世界中を飛び回ります。

技術部

オーティスの最も大事な部分であり、最大の武器である技術力。
それを支える技術部のメンバーたちは、
ベテランと若手のチームワークで
日々その技術力を磨き、常に新しいモノを生み出しています。

加工部

総務部

調達部

海外拠点


page top