BLOG ブログ

健康診断における心電図用の電極

ヘルスケア

公開日: 更新日:

おはようございます。フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社です。
会社の健康診断があったので受診してきました。オーティス株式会社の健康診断は会社にレントゲンや心電図を測定するバスが来て、お医者さんに各種診断を受けることが出来る集団検診です。

我々の年代はバリウムを呑む胃部X線検査があるのですが、何回やってもこれだけは慣れません。
バリウムを飲み込むのも苦労しますがその後のお通じもまた大変でした。

このような集団健康診断では一度に多くの人が短時間で診察されることから
効率や衛星の面を考慮し数多くのディスポーザブル(使い捨て)の器具が使われています。
特にコロナ禍になってからは衛生面での対応が非常に強化され、安心と安全性を高める衛生用品が数多くみられます。
各診察器具の消毒用シート、心電図のパッド、注射後の止血パッド等、大量に必要な医療用品は清潔で安心に使えるものに限ります。

そういえば採血の注射を受ける際に「アルコール消毒で赤くなったことがありますか?」と必ず聞かれますよね。これはアルコールで皮膚がかぶれる方が極まれにいるからですが、その他にも電極パッドのように長時間皮膚と接触しているとかぶれが起こりやすくなるものが多くあります。

本日はこの導電性ゲルパッドについてのお話です。

心電図用の電極に使用されている導電性ゲルパッドは一般的にウェットゲル、ソリッドゲル、全面ソリッドゲルの3種類に分けることが出来、その中でも特に肌に優しいのが全面ソリッドゲルタイプです。ウェットゲルタイプとソリッドゲルタイプは電極の中心部分だけにゲルが使用され、その上に粘着剤を薄く塗布して皮膚に装着します。
一方、全面ソリッドゲルタイプは電極全体に粘着力がある導電性ゲルが使用され、ゲル自体の粘着力で皮膚と接触します。粘着剤が使われていないので皮膚への刺激が少なく電極を剥がす際にも簡単にはがしやすくなっています。

一般に家庭で使われている低周波治療器やダイエットマシンのEMS機器に使われる電極パッドも同様なので、ちょっとお肌が弱い方は全面ソリッドゲルタイプを選ぶと良いでしょう。

どのタイプの電極パッドも導電性で柔らかく加工しにくい素材で出来ており、工場は非常にクリーンな環境と厳しい管理基準が求められます。このような医療用器具の製造分野において我々は数多くの実績を私たちフィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社は持っております。衛生用品はもとより検査器具のセンサー、画像や診断情報を患者さんと共有するためのスマートフォンやタブレット端末にも多数実績がございます。
プレス加工という製造業のイメージとは一見関係なさそうなものも含め数多くの製品に携わり、人々の生活と健康を裏で支えるのが我々オーティスの使命です。

フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社では、各工場にクリーンルームを備えており清潔な環境で様々な医療用品の加工を手掛けています。

医療用品の製造で困りごとがございましたら何なりとご相談ください。

最新記事

関連記事

CONTACT お問い合わせ

岡山 / Okayama

0867-42-3690

東京 / Tokyo

03-6810-4830

お問い合わせはこちら