TECH COLUMN 技術コラム

医療用ロボットを支える部材

ヘルスケア

公開日: 更新日:

おはようございます。
フィルム加工・テープ加工のオーティスです。
本日はロボット手術に関する記事です。

医療ロボット市場

先日、展示会訪問時に
hinotori」という手術支援ロボットが展示されており、興味深く拝見する中で、
医療においてどの程度のロボットが導入されているのか?調べてみました。

NEDOによると、
国内の医療ロボットは2020346億円から2035948億円に拡大すると予測しています。
また、世界市場では20186.8兆円、202317.8兆円、203020兆円に成長すると
予測するレポートもあり、国内外とも大きな市場へと拡大する有望な産業となっています。
 

医療における機械化で思いつくのは内視鏡手術ではないでしょうか?
簡単に言えば目視と比較して10倍拡大した状態で作業ができる…
つまり目が機械化したようなものです。

そして、手も機械化したのが「hinotori」になります。

 
手が機械化した医療支援ロボットは「ダビンチ」があり、
231月時点に、世界で約7500台、日本では570台以上が導入されているそうです。

日本においてダビンチは、前立腺がんの手術からはじまり、主に泌尿器科で使われており、
今や食道がんや肺がん、子宮体がん膵臓がんや咽喉頭がんなどにも使われるようになり
保険適用の枠も拡大しているとのことです。

医療ロボットのメリットとデメリット

フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社と同じく岡山にて、
倉敷成人病センターではダビンチを導入しているとの事。
子宮体癌や前立腺癌については日本一のロボット手術を行なっているそうです。


その中で興味深い動画を見つけました。

 

ロボット手術(ダビンチ手術)VS 人間

https://www.youtube.com/watch?v=O8vdwbL279s

 

この動画を見ても、そのスピードと正確さからロボット手術の素晴らしさを伺えます。
なによりロボット手術により、手振れを防ぐ、出血を抑える事で、
身体へのダメージを減らす等のメリットがあります。

ただしデメリットとしては、
ロボットの大きさや価格、トレーニングの必要性等があります。


そこで、ダビンチに対抗し日本企業も医療ロボット市場へ参入しています。
川崎重工業(株)とシスメックス(株)が設立した(株)メディカロイド「hinotori」。
東京工業大学と東京医科歯科大学の研究成果の実用化を目指し創業したリバーフィールド(株)
Saroa サージカルシステム」等があります。

ダビンチが2億円以上するのに対し、
リバーフィールドは7~8千万円ほどで導入できるそうです。

手術ロボットの消耗品パーツは付加価値が高いので、
部品メーカーや材料メーカーにとっても魅力的な市場と言えます。

医療用ロボットにも半導体

ロボットで使われている半導体デバイスを機能別に分類すると、
「知覚・識別・認識」「モーター制御」「ネットワーク」の3つに分けることができる。

例えば、モーター制御には、動きをきめ細かく制御するためのコントローラー(マイコン)、
モーターを駆動するためのドライバーやスイッチ素子。
これらについてはパワー半導体へのニーズへも直結していきます。


医療用ロボットは様々なニーズへ応えるために、多品種少量生産品が増えるとされています。
フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社は
医療用ロボットに採用される様々な部材の加工に貢献いたします。


開発段階から気軽にご相談ください。

最新記事

  • XR市場が動き出す!

    おはようございます。 フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社です。 今回はXR(VR,AR... 続きを読む
  • 新素材のご紹介

    おはようございます。 昨年、福岡で開催されたモノづくり企業の展示会に出展者として参加してきた中での... 続きを読む
  • PFASフリーの世界へ

    おはようございます。 フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社です。 今回はニュースでも話題... 続きを読む

関連記事

  • 医療用ロボットを支える部材

    おはようございます。 フィルム加工・テープ加工のオーティスです。 本日はロボット手術に関する記事... 続きを読む
  • 自宅でネブライザーを使った治療

    おはようございます。 フィルム加工テープ加工のオーティスです。 本日はネブライザーに関する記事で... 続きを読む
  • 赤ちゃんを守る 虫よけシール

    おはようございます。 フィルム加工テープ加工のオーティスです。 本日はライフサイエンス、虫よけシ... 続きを読む

CONTACT お問い合わせ

岡山 / Okayama

0867-42-3690

東京 / Tokyo

03-6810-4830

お問い合わせはこちら