TECH COLUMN 技術コラム

血行促進器に使用されるPETフィルム

ヘルスケア

公開日: 更新日:

おはようございます。
フィルム加工・テープ加工のオーティスです。
今回は血行促進機に使用される部材に関しての記事です

PETフィルムの役割

血行促進器とはエアーポンプ、センサー、ホース、エアバックが主な部品となります。

血行促進器は主にエアバックに対して繰り返し空気を膨らませて空気を放出する方式によって
人体の局部部分に対して均一な圧迫を行って、マッサージの効果が得られ、肢体の静脈の還流を促進します。
それにより心と脳の機能の血液の供給を改善することができます。

効果的に深静脈血酸(DVT)の予防、静脈機能不全の予防、リンパ浮腫、産後の浮腫などの改善、
心と脳の血管の疫病の発生を防止、頭痛を緩和、めまいが、眠れないなどの症状を改善出来ます。

病院では神経内科、リハビリテーション科、整形外科、婦人科等で使用されます。

 

当初の血行促進器は学生カバンと同じような大きさでしたが、技術の発展に伴ってサイズも小さくなり、
重量も軽くなり、着用も簡単になり、専門の医師や看護師がやってくれる必要がなくなり、
誰でも簡単に扱えるようになりました。

 

血行促進器がダウンサイジングされたのは、この機器に搭載されているコア部品の
チップとエアーポンプが大幅に小さくなったからです。

センサーも当初より10倍程度小さくなり、
エアーポンプは構造がシンプルかつ精度が高い高精密バーツに変わりました。
エアーポンプの流速制御装置にはPETフィルムを使用し、
センサーでエアがPETを経過する時の量を感じてエアの量を制御します。

それによりPETフィルムの厚みのバランス、表面の折れ、寸法等に対して要求が厳しくなりました。
フィルムの加工方法は、型でのプレス加工やレーザー加工がありますが、
レーザーでは切断面が熱により厚みが変化し、検出結果の正確性が得られないとされております。

 

フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社は、内製型と内製生産設備による加工技術にて
加工品のバリやダレが非常に少なく位置精度についても精度が高い加工が可能です。

フィルムや金属箔等の微細加工における課題をお持ちでしたら、
フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社にお気軽にご相談ください。

最新記事

  • XR市場が動き出す!

    おはようございます。 フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社です。 今回はXR(VR,AR... 続きを読む
  • 新素材のご紹介

    おはようございます。 昨年、福岡で開催されたモノづくり企業の展示会に出展者として参加してきた中での... 続きを読む
  • PFASフリーの世界へ

    おはようございます。 フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社です。 今回はニュースでも話題... 続きを読む

関連記事

  • 医療用ロボットを支える部材

    おはようございます。 フィルム加工・テープ加工のオーティスです。 本日はロボット手術に関する記事... 続きを読む
  • 自宅でネブライザーを使った治療

    おはようございます。 フィルム加工テープ加工のオーティスです。 本日はネブライザーに関する記事で... 続きを読む
  • 赤ちゃんを守る 虫よけシール

    おはようございます。 フィルム加工テープ加工のオーティスです。 本日はライフサイエンス、虫よけシ... 続きを読む

CONTACT お問い合わせ

岡山 / Okayama

0867-42-3690

東京 / Tokyo

03-6810-4830

お問い合わせはこちら