TECH COLUMN 技術コラム

医療用品に使用するPPフィルムについて

ヘルスケア

公開日: 更新日:

おはようございます。
フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社です。
今回は「PPフィルム」についての記事です。

PPフィルムが医療分野で非常に広く採用されております。
医療機器やディスポーザブル部材は人体に触れる為、
皮膚に触れてもかゆみ、不快感を引き起こすことのない特性が求められます。
PPフィルムは生体適合性がよいだけでなく、透明性が高く、
軽量、耐静電気、無臭、無毒、無味で刺激性がない材料であり、
かつコストも安いのが理由です。

 

PPフィルムは様々な形状に加工しやす

強度があることで形状保持性もあることで保護材として最適な材料です。

その他、加熱密封処理、高温(100℃以上)消毒滅菌処理に耐え、

加熱した後の強度、屈曲性、硬さ等はほぼ変化しません。

よって冷蔵保管にも適用できます


 

医療用品にはハイエンド医療器材、医療用ディスポーザブル部材、

副資材として採用されております。

使用例としてはディスポーザブルの金属刃物、机器、

ガラスボトル等のトレーや注射器、注射管、綿棒、手袋、マスク、

医療用綿棒等包装に採用されています。

 

 


医療用PPフィルムの生産技術レベルは高く、

フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社の中国工場で取り扱う際は、
中国での生産工場は少なく、生産量も少なく、品質も高くはないため
海外より輸入しております。
参考までに、中国で生産されているPPフィルムは消耗品のパッケージに
多く採用されております。

 

フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社は
PPフィルムを採用した医療機器、ディスポーザブル部材を生産しております。
シンプルな形状加工を求められるケースも多々ありますが、
異形状、機能材フィルムや粘着テープを用いて多層化した加工も
日本だけでなく中国工場でも多数実績がございます。
中国工場では製品への印刷も実績がございます。

お客様のコスト要望に応えたPPフィルムの価値を最大化いたします。

 
医療機器やディスポーザブル部材においても、
多様化するお客様のご要望にお応えするため、
フィルム加工・テープ加工を得意とするオーティス株式会社では
精密機器で培われてきた技術を元に期待を超える提案と技術で想いを形に致します。

お気軽にご相談下さい。

最新記事

  • AI技術による画像検査

    おはようございます、フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社です。 今回は弊社でも導入されたA... 続きを読む
  • PFASフリー素材の開発

    おはようございます。 フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社です。 今年も夏がやってきまし... 続きを読む
  • ペロブスカイト太陽電池の期待と課題②

    おはようございます。 フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社です。 前回に引き続き、次世代... 続きを読む

関連記事

  • 医療用ロボットを支える部材

    おはようございます。 フィルム加工・テープ加工のオーティスです。 本日はロボット手術に関する記事... 続きを読む
  • 自宅でネブライザーを使った治療

    おはようございます。 フィルム加工テープ加工のオーティスです。 本日はネブライザーに関する記事で... 続きを読む
  • 赤ちゃんを守る 虫よけシール

    おはようございます。 フィルム加工テープ加工のオーティスです。 本日はライフサイエンス、虫よけシ... 続きを読む

CONTACT お問い合わせ

岡山 / Okayama

0867-42-3690

東京 / Tokyo

03-6810-4830

お問い合わせはこちら