BLOG ブログ

進化するドレッシング材とプレス加工

ヘルスケア

公開日: 更新日:

おはようございます。
フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社が関わる
市場動向や技術についてのブログを配信します。

今回は怪我をしたことでキズの治療方法についての関心より
ドレッシング材についての内容になります。

怪我による皮膚のキズの治療は?

先日、趣味を楽しんでいた際に、足を滑らせて
スネに8cm程度の皮がめくれる怪我をしてしました。

帰宅後、キズパッドで覆うことができない怪我の範囲だったので、
ネットで調べて応急処理をすることにしました。

それはワセリンをたっぷり塗って乾燥させないようにする、でした。
完治に時間はかかりましたが、問題なく治りました…が、自己流だったからか、
皮膚が若干盛り上がった形で跡を残すことになりました。

 

一昔前なら、消毒薬で消毒しガーゼで覆い包帯で巻くのが一般的な治療方法だったと思います。
創傷(キズ)の治療としては絆創膏に馴染みがありますが、
絆創膏をはじめとして、皮膚を覆う素材の事を創傷被覆材、またはドレッシング材といいます。
創傷(キズ)だけでなく熱傷(やけど)、褥瘡(床ずれ)に用いられます。

先進的創傷被覆材の進化と市場

昔からあるガーゼタイプの乾燥を促す事を目的としていましたが湿潤療法による、
創傷部位を乾燥させないハイドロコロイド、アルギン酸塩(アルギネート)といった、
今ではドラッグストアで馴染みのある創傷被覆材です。

 

REPORTOCEAN によると、市場規模は、2019年には約7億6,679万米ドル。
2020年から2027年の予測期間には7.20%以上の成長率で推移すると予想されています。

 


(参考)REPORTOCEAN 
https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1226

 


特に湿潤療法による創傷被覆材が徐々に採用されていることから、最も高い成長が見込まれています。

 

ドレッシング材にも様々な種類があります。
代表的なものでは、ハイドロコロイド、ポリウレタンフォーム、ハイドロジェル、
アルギン酸塩、ハイドロファイバー、ポリウレタンフィルムがあります。


これらには特徴として

粘着性、防水性、吸水性、バクテリアバリア、冷却作用、止血作用、形状保持性、水蒸気透過性

などが挙げられます。


なかでも、発泡体タイプが最も大きなシェアを占めており、
今後においても速いペースで市場が拡大すると予測されています。
発泡体タイプは、治癒に適した温かく湿った雰囲気、感染バリア、過肉厚の創傷への適合性、
塗布・除去の容易さ、圧迫療法への使用可能性など、フォームドレッシングがもたらす利点からです。

 

創傷被覆材の進歩により、基本的な被覆材から高度な
薬剤活性成分の製品やデバイスへと移行しています。
ナノテクノロジー、銀などのハイブリッド包帯等が新しい治療法として導入され、
外傷の回復に大きな需要が期待されています。

 

フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社が関わるヘルスケア製品は
単純な形状加工に留まらず、複合材料をラミネートした上でのプレス加工をはじめとし

多くのディスポーザブルと言われるヘルスケア製品の加工を多く加工しております。

オーティスが関わるドレッシング材についても、
様々な素材を卓越したプレス加工技術により製品化しております。

ディスポーザブル製品化に伴う加工については、
フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社にお気軽にご相談ください。

最新記事

関連記事

CONTACT お問い合わせ

岡山 / Okayama

0867-42-3690

東京 / Tokyo

03-6810-4830

お問い合わせはこちら