BLOG ブログ

臨床検査に必要とされるフィルム・テープ加工ついて 

ヘルスケア

公開日: 更新日:

おはようございます。
フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社が関わる
市場動向や技術についてのブログを配信します。

2022年を迎え、昨年末のコロナ蔓延のおちつきに反し、

オミクロン株の猛威により、日本各地で感染者数過去最多となりました。

 

その様な状況下で、オーティスではコロナ感染対策のひとつとして

抗原検査キットを使っての運用がなされています。

 

コロナにより様々な検査の名前を聞くようになりました。

 

PCR検査、抗原検査、抗体検査等。

 

これらは大きな括りで臨床検査といいます。

 

臨床検査とは、病気の診断や治療、検診に用いられる検査です。

 

検査の為には尿や便、胃液、喀痰、髄液、

あるいは血液や採取された臓器の一部を取り出して行います。

 

または体を直接調べます。

 

これらにより病気の原因の追求を行うことが 臨床検査です。

 

臨床検査は病気を見つけるだけでなく、治療の方針を決める、

治療の経過を判定するためにも利用されます。

 

臨床検査は大きく2つに分類されます。

 


尿、血液、痰、組織などの検体(材料)を採取し、検査をする「検体検査」。

 


体の内部、脳や胃等を超音波や磁力線などを利用して直接調べる「生体検査」があります。

 


いずれも私たちが健康診断でもお馴染みの検査になります。

 

「検体検査」「生体検査」で用いる部材に、

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社の技術が多く採用されております。

 

これらの検査について代表的な検査方法について紹介します。

 

 

■検体検査

・血液検査

細胞成分(赤血球、白血球、血小板)や、血漿成分(細胞成分を除いたもの)についての検査。

 

・生化学検査(臨床化学検査)

血清などを化学的に分析し、糖質、たんぱく質、ホルモン等を調べる事で臓器の異常を把握。

 

・免疫血清検査

免疫反応を応用して体内の病気を調べる検査。

血清中の抗体や補体など調べ、感染症、内分泌、腫瘍マーカーを調べる。

 

・微生物検査

ある感染症がどんな微生物によって起こるかを調べ、

さらに治療に有効な抗生物質の決定を行うための検査。

 

・尿・糞便等検査

尿、糞便、胃液、喀痰、髄液の退役を取り扱う検査。


・病理検査

人体組織の顕微鏡観察標本を作製して病気の原因や良悪性を組織細胞学的に追求する検査。

 

 

■生理機能検査

・心電図検査

心電図や心音図を記録して「心臓」の循環機能を確認する検査。

 

・呼吸機能検査

肺活量や最大換気量などを記録して「肺」の機能評価を行う一連の検査。

 

・超音波検査

超音波を利用して、肝臓や腎臓、心臓等の「体の中の臓器」を視覚的に観察する検査。

 

これらの臨床検査には様々なフィルムやテープ製品が使われており、

感染防止対策としてディスポーザブル製品となります。

 

みなさんが健康診断を受診される際、

検体検査で使用する器具、生理機能検査でも、ゲルパッドを使用した検査等、

臨床検査でも実は身近な所でディスポーザブル製品を使用されております。

 

ディスポーザブル製品を加工する際には

クリーンルームなどの衛生面に配慮した環境等が求められます。


フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社は

ディスポーザブル製品を加工する環境はもちろん、医療機器製造認可取得工場です。

 

臨床検査はこれからの医学において、まずます必要とされる中で、

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社はより注力しております。

 

ディスポーザブル製品の加工をご検討の際は、

オーティス株式会社へお気軽にご相談ください。

「検体検査」「生体検査」で用いる部材に、

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社の技術が多く採用されております。

 

これらの検査について代表的な検査方法について紹介します。

 

 

■検体検査

・血液検査…細胞成分(赤血球、白血球、血小板)や、血漿成分(細胞成分を除いたもの)についての検査。

・生化学検査(臨床化学検査)…血清などを化学的に分析し、糖質、たんぱく質、ホルモン等を調べる事で臓器の異常を把握。

・免疫血清検査…免疫反応を応用して体内の病気を調べる検査。血清中の抗体や補体など調べ、感染症、内分泌、腫瘍マーカーを調べる。

・微生物検査…ある感染症がどんな微生物によって起こるかを調べ、さらに治療に有効な抗生物質の決定を行うための検査。

・尿・糞便等検査…尿、糞便、胃液、喀痰、髄液の退役を取り扱う検査。
・病理検査…人体組織の顕微鏡観察標本を作製して病気の原因や良悪性を組織細胞学的に追求する検査。

 

■生理機能検査

・心電図検査…心電図や心音図を記録して「心臓」の循環機能を確認する検査。

・呼吸機能検査…肺活量や最大換気量などを記録して「肺」の機能評価を行う一連の検査。

・超音波検査…超音波を利用して、肝臓や腎臓、心臓等の「体の中の臓器」を視覚的に観察する検査。

 

これらの臨床検査には様々なフィルムやテープ製品が使われており、
感染防止対策としてディスポーザブル製品となります。みなさんが健康診断を受診される際、
検体検査で使用する器具、生理機能検査でも、ゲルパッドを使用した検査等、
臨床検査でも実は身近な所でディスポーザブル製品を使用されております。


ディスポーザブル製品を加工する際にはクリーンルームなどの衛生面に配慮した環境等が求められます。


フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社はディスポーザブル製品を加工する環境はもちろん、
医療機器製造認可取得工場です。

 

臨床検査はこれからの医学において、まずます必要とされる中で、
フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社はより注力しております。

 

ディスポーザブル製品の加工をご検討の際は、オーティス株式会社へお気軽にご相談ください。

最新記事

関連記事

CONTACT お問い合わせ

岡山 / Okayama

0867-42-3690

東京 / Tokyo

03-6810-4830

お問い合わせはこちら