BLOG ブログ

デジタルヘルスに求められるフィルム加工

ヘルスケア

公開日: 更新日:

おはようございます。
フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社が関わる
市場動向や技術についてのブログを配信します。

みなさんはデジタルヘルスという言葉を聞いたことがありますか?

 

「人生100年時代」などの単語を目に、耳にするようになりました。

 

私自身も良くわからない為少し調べてみました。

 

日本では超高齢化社会へ差し掛かっており、後期高齢者の割合が増え、

社会保障費の急増、医療や介護に関わる人材の不足など

医療関係、介護現場で深刻な課題となっております。

 

そんな中で人生100年時代を掲げ、

最新医療へデジタル技術を積極的に活用する事で人々が活き活きと暮らす、

健康寿命を延ばす為『デジタルヘルス』が注目されています。

 

『デジタルヘルス』とは、人口知能(AI)やIoT、ウェアラブルデバイス、

ビッグデータ解析、仮想現実(VR) などの技術を活用し、

医療や効果を向上させる事を意味しているようです。

 

『内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)』で採択された

『AIホスピタルによる高度診断・治療システム』プログラムが進んでいます。

 

医療現場では医療に関するデータが加速度的に増加しており

確実な情報把握、共有が難しくなっており、

医療現場における人的ミスの回避(投薬ミスなど)診察、

検査待ち時間の最小化などAIを活用したセキュリティレベルの高い統一した

医療情報データベースの構築などの課題に取り組んでいるようです。

 

医療機器等やIoT機器、ウェアラブルデバイスなどの情報を活用し、

AIによる診断補助・教育・コミュニケーション支援・遠隔治療など

地域間格差改善にも期待されます。

 

ロボットを使用した遠隔手術で有名な『da Vinci』などがあり

現在、多くの手術支援ロボットの開発が進んでいます。

 

またVRを使った手術のシミュレーションでは、

難しい手術や医療行為を行う際、医師が事前にVRを使って

トレーニングできるようにする取り組みが進んでいます。

 

医療・ヘルスケア分野でDXは大きく発展する分野であり、

政府もデジタル・ヘルスケアの利用を後押しするようになりました。

 

『人生100年時代』へ未来の医療・ヘルスケアに、

ウェアラブルデバイス、医療機器、治療機器の部品加工等で実績がございます。

 

お困りごとがあればフィルム加工、テープ加工の

オーティス株式会社へ是非ご相談ください。

 

我々オーティスでは、ライフサイエンス、

医療、ヘルスケア業界へも力を入れており

医療機器製造業の登録を行っています。

 

加工形状、材質に合わせた金型や刃物仕様を選定し、

お客様のご要望に合わせた加工を行っています。

 

多様化するお客様のご要望にお応えするため、

プレス加工に必要な設備・型の内製を行い、日々改良することで、

多様な生産条件への対応、生産スピード・技術力向上に努めています。


これまでの経験を活かし、

お客様の期待を超える提案と技術で想いを形にします。

 

お気軽に、フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社へご相談下さい。

最新記事

関連記事

CONTACT お問い合わせ

岡山 / Okayama

0867-42-3690

東京 / Tokyo

03-6810-4830

お問い合わせはこちら