BLOG ブログ

体温計について 

ヘルスケア

公開日: 更新日:

おはようございます。
フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社が関わる
市場動向や技術についてのブログを配信します。

最近ではコロナウイルス感染拡大から「非接触式体温計」を、よく見聞きします。

 

非接触式体温計で正確に体温を測定する事ができるのでしょうか?

 

体温計も多種多様あり、わきの下、口、耳など測定方法の違う体温計があります。

 

電子体温計 には、主に実測式体温計、予測式体温計、耳式体温計があります。

 

・実測式体温計

測定部位のその時の温度を測定し、表示する方式です。

 

一般的に実測式体温計の場合、正しく測定するには、

わきの下で約10分、口中で約5分の時間が必要です。

 

 

・予測式体温計

検温開始からの温度と温度変化を、分析・演算し、わきの下で約10分、

口中で約5分後の体温を予測し表示する方式です。

 

 

・耳式体温計 

赤外線センサーで耳の奥にある鼓膜の温度をとらえ表示する方式です。

 

最短1秒から測定可能なので、小さな子供の検温に向いています。

 

 

非接触式体温計で正確に体温を測定できるのかと上述しましたが、

どの体温計を使用しても全く同じ数値が出る事はなく、多少の誤差が出てしまうようです。

 

(参考)フジサンケイグループ・株式会社エフシージー総合研究所検証結果

 

温度センサーには、電気抵抗が変化するサーミスタ、

非接触式体温計は赤外線センサーセンサーにはフィルム製品テープ製品が使用されており

子供用のおでこに貼るタイプの体温計(検温)シールなど、

体に貼る体温計や温度センサーなども市販されています。

 

私たちオーティス株式会社は、フィルム、テープの精密加工に強みを持っております。

 

世界の電子機器関連や自動車関連、医療関連企業など

へエレクトロニクスパーツを提供するメーカーです。

 

その中でもライフサイエンス分野への関わりは必須と考えており、

ディスポーザブル製品の実績を有しています。

 

ディスポーザブルのメリットは使い捨ての為、感染防止対策、コスト削減があげられます。

 

材料の搬入から、加工、検査、梱包、まで全てクリーンルーム内で行える為、

異物の付着を最小限に抑制できます。

 

加えて、貼り合わせ方法によりタブの追加や治具の同時製作、

また、ハーフカット加工、リール加工で自動実装に最適なロール納入も可能です。

 


また、中国に3ヶ所と、タイに生産拠点があり、

日本と同じ加工設備を導入しており、同じ精度の加工が可能です。

 

多様化するお客様のご要望にお応えするため、フィルム加工、テープ加工の

オーティス株式会社はプレス加工に必要な設備・型の内製を行い、

日々改良することで、多様な生産条件への対応、生産スピード・技術力向上に努めています。

 

加工・取り扱いの難しい材料の加工であってもお任せ下さい。

 

金型・設備と加工の技術力で課題解決のお手伝いをいたします。

 

お気軽にご相談下さい。

最新記事

関連記事

CONTACT お問い合わせ

岡山 / Okayama

0867-42-3690

東京 / Tokyo

03-6810-4830

お問い合わせはこちら