BLOG ブログ

自動車業界のNew Normal

EV・車載部材

公開日: 更新日:

おはようございます。
フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社が関わる
市場動向や技術についてのブログを配信します。

新しい常態(New Normal)とオーティスの電気自動車の軽量化

今回はこれからの新しい常態(New Normal)について考えてみたいと思います。

 

経営資源であるヒト・モノ・カネの観点でまず考えますと、

 

ヒト >> モノ >>>>>>>>> カネ

 

の順で、移動の制約が大きくなると思います。

 

特に、モノの移動に制約があるので、

今まで以上にサプライチェーンの見直しが行われ、現地生産と現地での消費、

また複数の会社からの調達などの変更があると思います。

 

次に、自動車業界のNew Normalについて考えみたいと思います。

 

New Normalは、電気自動車と自動運転に追い風ではないかと想像しています。

 

なぜかと申しますと

上記のようにヒトとモノの移動の制約が今まで以上に出ることで

・道路が、移動領域の狭い人口集中部(都市に限らず)の道路と

 人口集中部を結ぶ幹線(高速)道路に分かれ

・人口集中部は電気自動車、幹線(高速)道路では自動運転の活用が進む

 

と考えてみました。

 

実際に、2020年5月14日付日刊自動車新聞より によると

今の大変な外部環境の中、欧州での電気自動車の販売が

増えているニュースがありました。

 

欧州自動車工業会 (ACEA) は5月12日

欧州主要18カ国の2020年1~3月の電気自動車 (BEV) の販売台数が

前年同期比57.4%増の12万7331台となったと発表した。

 

新型コロナウイルスの感染拡大により乗用車市場が落ち込み、

ディーゼル車やガソリン車などの販売が低調な中、電動車は力強い伸びを見せた。

 

地域別で、ドイツは同63.3%増の2万6030台と最多。

 

次いでフランスは約2.5倍となる2万5960台だった。

 

しかし、 これからより販売が伸びていく電気自動車には

進化の余地がたくさんあります。

 

例えば、航続距離を伸ばすために軽量化等の技術進化が求められています。

 

軽量化に関しては、ボディの樹脂化・アルミ化の流れがあると考えています。

 

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社では

電気自動車の軽量化に向けての提案も多数用意しております。

 

また、お客様視点を忘れずに“期待を超える提案”ができるよう、

少し未来のことを考えつつ、積極変化をしながら取り組んでまいります。

 

是非、お気軽にご相談ください。

最新記事

関連記事

CONTACT お問い合わせ

岡山 / Okayama

0867-42-3690

東京 / Tokyo

03-6810-4830

お問い合わせはこちら