TECH COLUMN 技術コラム

XR市場が動き出す!

情報・モバイル

公開日: 更新日:

おはようございます。
フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社です。
今回はXR(VR,AR,MR)対応HMD(ヘッドマウントディスプレイ)についての記事です。

ヘッドマウントディスプレイの解像度

いよいよ、“Apple Vision Pro”のリリースが
米国のみですが22日と迫ってきました。


片目の解像度は3800x3000px4K)と非常に高い解像度です。
私が所有するiPhone13の解像度は2532x1170pxなので、
HMD
としてiPhone13よりも解像度の高いディスプレイが
それぞれの目の前にあるということになります。

 

 ディスプレイの解像度についてのアピールは今更!?
と感じる背景は、私達が今のスマートフォンや4Kのテレビにおいて
画像が荒いな?と感じる事が少なくなったことからです。
しかし、HMDにおいては解像度の向上はまだまだ求められる技術だと思います。
私自身、スマートフォンを使ってVRを体験するゴーグルを持っていますが、
スマートフォンの画面を2分割して左右の目で見せるといった仕様です。
私のiPhone13の解像度だと片目1266x585pの解像度になります。
正直、粗いと感じます。更には視野角の視点でも、上下左右方向に範囲が広がる事で
より没入感が得られることでも解像度は重要となります。

 

身近なデバイスとしてはSONYPSVR22000×2040の解像度なので
十分そうな解像度ですが、試してみたいところです。

ヘッドマウントディスプレイを支えるディスプレイ技術

 ここ最近ではミドルレンジのスマートフォンでも
OLED
ディスプレイが採用されるようになってきていますが、
XRで使用されるディスプレイはスマートフォンで採用されているLTPS TFTとは異なります。


ディスプレイと目の距離が近いほど、高精細である必要性がり、
当然ながらサイズも小さく作りこむ必要があるのです。


そこで、単結晶シリコンウェーハで製造されるマイクロOLEDが採用され、
そのサイズは非常に小さく、Apple Vision Proにも採用されているといわれている
ソニーセミコンダクターのホームページでは0.391.3インチがラインナップされています。

XR市場について

矢野経済研究所によると、日本国内のXR機器は

2023年約50万台、202472万台、2025100万台と予測しております。

またMarkets and Marketsによると、メタバース市場は2030年では
世界で200兆円を超え、ハードウェアにおいては約35%程度を占めると予測されています。

この様な新しいデバイスはハード先行ソフトウェア後発と
いったケースが多々見られます。
HMD
はメタバースをよりリアルに感じるためのハードでもあります。

メタバースは既に身近なものとなり生活にはいりこんできています。

分かりやすい例ではゲーム。
マインクラフトやフォートナイト、どうぶつの森等はメタバースの代表例です。

日本が世界で2位のアクティブアカウントを持つXTwitter)は
SNS
の枠組みではあるものの、メタバースとは非常に親和性の高いサービスと

言っても過言ではないと思います。

例えばなにか議論をする上で会場が用意され、アバターが用意されたら
もうメタバース空間が出来上がるのです。


HMD
がより身近なハードとなる準備は既にできており、

よりスマートフォンライクに扱えるものを我々は待っているのではないか?と

私は感じております。

 

その為には実はハード的には大きな課題を多く抱えており、

前述のマイクロOLEDが抱える課題だけでなく、レンズやセンサー、
そして軽量化やダウンサイジング、バッテリー課題。

更にはMetaQuestの様なスタンドアローンのタイプは尚更ですが、

ソフトウェアを駆動させるマシンにおいても、現状のマシン以上の

高速化、それに伴う熱処理課題等も考えられます。

 

フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社では
スマートフォンで使用される様々な部材において多くの実績を有しております。

その中でも、より精密加工や自社設備を開発製造し生産性を向上させ、
大量生産にも対応いたします。
来るXR時代において、様々な部材や素材の開発段階でも
フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社へ遠慮なくご相談ください。

最新記事

  • XR市場が動き出す!

    おはようございます。 フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社です。 今回はXR(VR,AR... 続きを読む
  • 新素材のご紹介

    おはようございます。 昨年、福岡で開催されたモノづくり企業の展示会に出展者として参加してきた中での... 続きを読む
  • PFASフリーの世界へ

    おはようございます。 フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社です。 今回はニュースでも話題... 続きを読む

関連記事

  • XR市場が動き出す!

    おはようございます。 フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社です。 今回はXR(VR,AR... 続きを読む
  • ワイヤレスイヤホン市場と採用されるフィルム技術

    おはようございます。 フィルム加工・テープ加工のオーティス株式会社です。 本日はワイヤレスイヤホ... 続きを読む
  • LEDと光学フィルム

    フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社です。 今回はLEDとLEDに付随する技術についてです... 続きを読む

CONTACT お問い合わせ

岡山 / Okayama

0867-42-3690

東京 / Tokyo

03-6810-4830

お問い合わせはこちら