BLOG ブログ

ヘルスケア市場の拡大の背景とハードル

ヘルスケア

公開日: 更新日:

おはようございます。
フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社が関わる
市場動向や技術についてのブログを配信します。

ヘルスケアに関連する市場は右肩上がりで伸びており、

2022年においては国内でも3000億円を超えると言われております(富士経済)

 

その背景を考えてみたいと思います。

 

超高齢化社会を迎える日本においての医療費は

厚生労働省の発表によると年々増加し40兆円を超えています。

 

この状態からも病気を治療するだけでなく防ぐ、

つまり予防医学の発展が重要となります。

 

予防領域においては、スマートデバイスからのデータ活用、

昨今ではコロナ禍で浸透しつつある抗原検査キットを初めとする、

日々の生活の中での自宅で生活習慣病や、持病を抱える患者が

体の状態をチェックする検査キット等の活用等が一例として挙げられます。

 

スマートデバイスに使われる様々な高機能フィルム部材で

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社の技術が活きていおり、

また様々なディスポーザブルな部材(フィルム、テープ、ゲル等)が採用されています。

 

介護領域についても同様で、要介護認定者はますます増え

2040年には約1000万人近くが対象となり、介護職の人材不足は必然となります。

 

この様な状態の中で、ITを用いることで現在50%程度が導入していると言われる

電子カルテを採用することでのオンライン診療の採用により業務工数削減に貢献します。

 

この様な背景からも、ヘルスケアに関連する市場は伸びており、

個人を対象とするセルフケアサービスだけでなく、

政府主導で進められている働き方改革、健康経営の推進、

ストレスチェックの義務化などにより、

企業による従業員の健康維持・増進への関心が高まりにより、

法人向けサービスが積極的に展開される背景があります。

 

しかし現状「健康ではない」と回答した人の中で予防に取り組む人は

50%弱を占めているとの調査(MSD社 全国健康意識・実態調査)もあり、

ITの活用においてもシステムが多岐にわたる事や、

データ活用において個人情報保護の観点の問題等ハードルは多く存在しています。

 

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社は、

そのようなハードルをひとつひとつクリアできる様、開発段階より、

フィルム加工技術を活かした取組をしております。

 

ヘルスケア 加工|フィルム・テープ製品のプレス加工、ラミネート加工ならオーティス

その一例として、

昨今PCR検査ではマイクロ流路を利用する検査機が普及しつつあります。

しかし、マイクロ流路がより活かされるためには、

大量生産かつ安価で生産できることは重要な課題です。

 

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社は、

ライフサイエンス分野が、これからの社会においてニーズではなくウォンツであると捉え、

こつこつと技術を磨き、実績を重ねて社会貢献に努めていきます。

 

ライフサイエンス分野において、開発段階から製品化迄、

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社にご相談ください。

最新記事

関連記事

CONTACT お問い合わせ

岡山 / Okayama

0867-42-3690

東京 / Tokyo

03-6810-4830

お問い合わせはこちら