BLOG ブログ

パワードスーツの普及

ヘルスケア

公開日: 更新日:

おはようございます。
フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社が関わる、
市場動向や技術についてのブログ配信です。

パワードスーツの用途

今回はパワードスーツについてご紹介します。

 

パワードスーツとは、人が装着することで

動作や姿勢への何らかのアシストが得られる機器を指しています。

 

身体的能力を補助・強化、医療・ヘルスケア、

軍事防衛、製造などの分野で今後の発展が期待されています。

 

身近な用途としては要介護者の移乗動作(ベッドから車椅子などへ移る動作)を

サポートする際に介護者がパワードスーツを着用すれば、

身体的負担を軽減して腰痛などを防ぐことができます。

 

超高齢化社会を迎える日本においては、

政府が「介護」を重要な国家問題と位置付け、

補正予算を組んで「介護ロボット等導入支援特別事業」を実施しています。

 

パワードスーツで画像検索をしてもらうとお判りになりますが、

様々な形態をとっており、そこには様々な機能性フィルム素材も使用されております。

 

フィルム加工、テープ加工を得意とするオーティス株式会社では、

機能性フィルム加工においては特に力をいれております。

 

パワードスーツの用途について詳細を確認してみます。

 

・全身パワードスーツ

装着することによって、非常に重いものを持ち上げるなど

身体能力や作業能力を高めます。通常は不可能なことができます。

 

 

・部分的に装着するパワードスーツ

特定の手足の能力を高める等、四肢をサポートします。

例えば、膝サポートスーツを装着すれば、それほど体力を使わずに

普段より速く走れるようになります。

 

その他にも、姿勢の矯正、直立時の筋肉サポート、

事故で腰背中に怪我をした患者のリハビリ、

握力を高め大型部品を簡単に扱えるようになります。

 

 

・身体拡張型パワードスーツ

手足がそれぞれ2本ではなく、3本、4本と主体となる

作業をサポートする機能をもたらします。

例えば、第3,4の手でモノを持ち、主体となる手で作業をする等です。

 

 

様々な用途で期待されているパワードスーツですが、

パワードスーツには電子部品やフィルム・テープといった素材が使われており、

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社の技術が

製品の機能向上の具現化に貢献します。

 

新たな製品や技術等、難易度が高い製品に対しても

常にチャレンジして進めていきたいと考えていますので、

お困りごとがございましたら

是非フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社へご相談ください。

最新記事

関連記事

CONTACT お問い合わせ

岡山 / Okayama

0867-42-3690

東京 / Tokyo

03-6810-4830

お問い合わせはこちら