OTIS
卓越したプレス加工技術で未来を創造する

OTISブログ

【祝】オーティスではIATF16949を取得しました。

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社が関わる
市場動向や技術についてのブログ配信です。

 

オーティスはIATF16949を取得しましたので、
今回はIATF16949とは何かについて、簡単ですが、ご紹介させていただきます。

 

そもそもIATF16949とは何なのでしょうか?

 

IATF16949とは

自動車部品及び自動車用材料メーカーを対象に「欠陥の予防」と「バラツキとムダの削減」を達成するための自動車業界特有の品質マネジメントシステム要求事項をISO9001:2015に付加したセクター規格。

審査登録ルール制定及び審査機関認定はIATF(International Automotive Task Force=国際自動車産業の有志による会議体)が決定します。

IATF16949 審査登録業務の監視は各地域(北中南米・アジア・オセアニアはIAOB、欧州とアフリカをドイツVDA-QMC、フランスIATF France、英国SMMT、イタリアANFIAが担当)それぞれの監督機関(Oversight Body)が行なっています。

 

ISO9001を基とし、それに自動車産業が必要とする要求事項を付け加えたものがIATF16949です。

IATF16949の基本理念は「顧客志向」であるゆえ、CSR(顧客固有要求事項)をもっとも重視します。

 

 

IATF16949取得によるメリット

 

品質システムが効果的に運用されることによって
組織の品質が向上=「欠陥の予防」と「バラツキとムダの軽減」ができるのです。

 

現在、フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社では、自動車業界の
お客様により良い品質をご提供させていただき、お客様にご満足いただくために、
IATF16949をはじめ、様々な技術開発に取り組んでいます。

オーティスが保有する技術を活かし、高い品質を維持することで、
車社会を通じて、より良い社会創りに取り組んでいます。

 

オーティスでは、車載に使用されるフィルム・テープ加工の試作、量産実績を多数有しています。

 

オーティスが保有しているコア技術であるプレス加工技術を活かし、より良い品質をお客様に提供すべく、IATF16949取得にとどまらない品質向上に取り組んでいきます。

 

フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社のコア技術である
プレス加工技術と早いスピードで価値を提供し、
また、一緒に仕事がしたいと思っていただけるように取り組んでまいります。

是非、お気軽にご相談ください。

カテゴリ: 自動車
投稿日: 2021年02月25日

page top