OTIS
卓越したプレス加工技術で未来を創造する

OTISブログ

低炭素社会に向け小さな取組をこつこつと

おはようございます。
フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社が関わる
市場動向や技術についてのブログを配信します。

産業革命以来、人間は石油や石炭などの化石燃料を燃やしてエネルギーを取り出し、経済を成長させてきました。その結果、大気中のCO2濃度は、産業革命前に比べて40%も増加し、地球温暖化により人間の生活や自然の生態系に様々な悪影響が出てきております。

地球温暖化の進行を防ぐため、
「低炭素社会」に向けて各国政府と企業側が色々方策を取り組んでいます。日本でも低炭素社会の実現に向けて具体的な目標が定められています。

当面の目標とされているのが、2030年までの温室効果ガス削減目標です。
2030年までに2013年比で26.0%まで温室効果ガスを削減するよう取り組んでいます。

2020年7月からレジ袋有料化になり、カフェではストローが紙製になるなど、街ではエコにつながる取り組みが広がってきています。

 

今日はエコストローについて、少しお話ししたいと思います。

 

光浦醸造工業株式会社はシート型ストローを開発致しました。
https://mitsuura.jp/wp/stroll/

 

「エコでおいしく飲める」アイテムとして話題となっているようです。
その中に、アルミストロー、エコペーパーストロー、ステンレスストローなど、
そして自然素材でできたエコストローを利用している、という方も少しずつ増えています。

実は私たち、フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社は、光浦醸造様のご依頼でシート製ストローの抜き加工を行っております。

1枚のシートを自分で巻いて円筒状にして使用するシート製のストロー。好みの太さに巻いたらベルトで固定して飲みものを楽しみ、飲み終わったらストローを広げて洗い、再び利用することができる。

 

フィルム上に印刷され製品は弊社で位置決め抜き加工を行っております。
フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社は、型内製ができます。
内製による、技術の蓄積、長年にわたる経験、実績により、難しい製品構成と抜型も対応できます。小さいエコストローですけど、このエコにおける積み重ねにより、やがて未来の地球環境を変えることにつながるのです。

フィルム加工、テープ加工では、長年培った技術力を活かし、あらゆる産業のエコ進化に貢献しております。

お困りごとがございましたら、
是非、フィルム加工、テープ加工のオーティス株式会社へご相談ください。

カテゴリ: エネルギー
投稿日: 2021年07月05日

page top